1. HOME
  2. ブログ
  3. サブスティテュートドミナント、ディミニッシュセブンス、オーグメントのコードスケールを理解しよう!

サブスティテュートドミナント、ディミニッシュセブンス、オーグメントのコードスケールを理解しよう!

こんにちは、作曲家・稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

今日でコードスケールの解説も最終回!

今回は、「サブスティテュートドミナント」「ディミニッシュセブンス」「オーグメントコード」のコードスケールについて解説していきます。

  • サブスティテュートドミナントのコードスケール
  • ディミニッシュセブンスのコードスケール
  • オーグメントコードのコードスケール

今日ご紹介する3種類のコードは、いずれもテンションの取り扱いがやや変則的なものであるため、それにともなってコードスケールの選定にもコツがいります。

今日の記事を参考に、しっかり学んでいきましょう!

※この記事は有料会員限定記事です。ここから先は、有料メンバーシップ会員、またはオンラインサロンメンバーのみ閲覧可能となります。

This content is for members only.
このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事