1. HOME
  2. ブログ
  3. 【音楽制作】フューチャーベースのMix実践編②:パンニングで定位を決めよう!【DTM】

【音楽制作】フューチャーベースのMix実践編②:パンニングで定位を決めよう!【DTM】

こんにちは、作曲家・稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

今日は、フューチャーベースを題材に、パンニンングの実践テクニックについて解説していきます。

EDMのようなシンセ主体の楽曲では、バンド編成の楽曲とちがってステレオ音源の取り扱いがポイントとなります。

そこで今日は、以下の3点を中心にバランスよく広がりのあるサウンドを作っていくためのテクニックをお伝えします。

  • パンニングの基本
  • パンニングのポイント
  • 実際の作業の流れ

EDMはもちろん様々なジャンルに応用可能ですので、ぜひご活用いただければ幸いです。

※本企画はデータ連動企画となっています。講師イナゲが作った楽曲のパラデータをダウンロードすることができますので、ぜひそちらも合わせてご活用ください!

データのダウンロードはこちら

こちらの楽曲のパラデータをダウンロードできます。

※この記事は有料会員限定記事です。ここから先は、有料メンバーシップ会員、またはオンラインサロンメンバーのみ閲覧可能となります。

This content is for members only.
このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事