1. HOME
  2. ブログ
  3. オーケストラのモックアップ実践②:木管楽器の打込みテクニック・ロングノート編

オーケストラのモックアップ実践②:木管楽器の打込みテクニック・ロングノート編

こんにちは、OTOxNOMA認定講師・作曲家の吉岡竜汰(@ryuchan_GGWL)です。

今日からは、管楽器のモックアップ実践テクニックについて詳しく解説していきます。

まずは木管楽器のロングノート系フレーズのモックアップから。

  • ロングノート系フレーズモックアップ5ステップ
  • モックアップ5ステップのポイント

ロングノート系フレーズとは、レガート奏法など長い音価をともなうフレーズのこと。

これらをリアルに打込むための流れを5つのステップにわけてご紹介して行きます。

今日のお話は、前回の記事でご説明した「管楽器全体に共通する3つのポイント」が前提となっておりますので、まだご覧になっていない方はそちらを先にお読みくださいね。

※この記事は有料会員限定記事です。ここから先は、有料メンバーシップ会員、またはオンラインサロンメンバーのみ閲覧可能となります。

This content is for members only.
このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事