1. HOME
  2. ブログ
  3. ジャンル別ビートメイク⑧:ロックンロールのビートを理解しよう!

ジャンル別ビートメイク⑧:ロックンロールのビートを理解しよう!

こんにちは、作曲家・稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

今日は、カントリー同様50年代アメリカを象徴する「ロックンロール」について解説していきます。

また、番外編としてニューオーリンズ発祥の「セカンドライン」というリズムパターンについても触れていこうと思います。

  • ロックンロールの特徴
  • ロックンロールのリズムパターン
  • セカンドラインについて
  • ロックンロール打込みのポイント
  • セカンドライン打込みのポイント

「ロックンロール」は、その派生ジャンルである「ロック」とは少し違った特徴を持っています。

その違いを深く理解することでビートメイクの幅も大きく広がりますので、今日の記事を参考にしっかりとマスターしていきましょう!

ロックンロールの例:Chuck Berry『Rock and Roll Music』


※この記事は有料会員限定記事です。ここから先は、有料メンバーシップ会員、またはオンラインサロンメンバーのみ閲覧可能となります。

This content is for members only.

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事