1. HOME
  2. ブログ
  3. 【音楽制作】ポップスからエピックサウンドまで!ジャンルで選ぶ、おすすめのストリングス音源12選【DTM】

【音楽制作】ポップスからエピックサウンドまで!ジャンルで選ぶ、おすすめのストリングス音源12選【DTM】

こんにちは、作曲家・稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

ストリングス特集もいよいよ最終回ということで、今日はおすすめのストリングス音源をジャンル別にまとめていこうと思います。

当サイトでご紹介したストリングスモックアップテクニックを実践する上で非常に相性のよい音源を厳選してご紹介していきますので、ぜひそちらも合わせてご覧いただければ幸いです!

それではいってみましょう!

【関連記事】ストリングスモックアップ解説記事一覧

 

おすすめのストリングス音源

おすすめのストリングス音源

ストリングスの音源選びは非常に重要です。

リアルであればどれを使ってもよいというわけではなく、楽曲のジャンルや求めるサウンド感によって選ぶべき音源は全く変わってくるんですね。

そこで今回は、

  • ポップス向き
  • オーケストラ向き
  • エピックサウンド向き

の3種類に分類して、オススメの音源をまとめていこうと思います。

 

ポップス向きのストリングス音源

ポップスの中で使いやすいストリングスサウンドの条件は以下の2つです。

  • 少人数の編成であること
  • ドライな音色であること

これら2つの条件を満たす音源は、じつはそう多くはありません。

代表的な2つの音源をご紹介しましますね。

 

■Vienna Chamber Strings

ぼくが長年愛用している音源です。

レガートが美しく、バンドサウンドにも負けないドライな音像がポップスにとってもマッチします。

メーカー(or代理店)サイトはこちら

 

■Spitfire Chamber Strings

Chamber Stringsといえば、Spitfire Audioのものも非常に人気ですね。

こちらはViennaよりさらに音像がはっきりしており、生演奏をレコーディングした時のようなザラザラしたノイズ感も相まって非常に生々しいサウンドが手に入ります。

メーカー(or代理店)サイトはこちら

 

オーケストラ向きのストリングス音源

ここでいう「オーケストラ」とは、もっとも基本的な2管編成程度のオーケストラ程度の規模感を指しています。

クラシック音楽はもちろん、日本のテレビドラマで使用されるような極めて一般的なオーケストラサウンドですね。(より大編成な音源選びに関しては後述します。)

このようなオーケストラを想定した音源では、12型〜16型程度のストリングス音源を選ぶとよいでしょう。

代表的な音源を3つご紹介します。

 

■Vienna Orchestral Strings

こちらはコンピュータベースのサンプル音源の先駆けとも言える存在。

非常に安定感した使いやすいサウンドが魅力ですが、その分ちょっとあっさりしすぎなので好みが分かれるかもしれません。

メーカー(or代理店)サイトはこちら

 

■CineStrings

CineSamplesのストリングス音源、CineStringsもオーケストラにぴったりの音源です。

質感としてはViennaのそれに近いのと、比較的簡単なエディットでそれらしいモックアップができる手軽さが人気の音源です。

メーカー(or代理店)サイトはこちら

 

■Spitfire Symphonic Strings

劇伴やゲーム音楽などのBGMを作る作曲家の中ではド定番の音源。

分厚いオケにも負けないしっかりした存在感と、どんなフレーズにも対応できるバランスの良さが魅力です。

メーカー(or代理店)サイトはこちら

 

エピックサウンド向きストリングス音源

ハリウッド映画ややゲーム音楽など、大スペクタクルなシーンで多用されるエピックサウンド。

最近は日本のアニメや映画音楽などにも積極的によく取り入れられる、いわば流行りのサウンドといってもいいかもしれませんね。

エピックサウンド向き音源の特徴といえば、とにかく大人数であるということ。

最低でも20型以上の超大編成ストリングスをベースに、多数の音源をレイヤーしながら圧倒的大迫力のサウンドを作っていくのが主流です。

そんなエピックサウンドにぴったりの音源は以下の4つ。やはり音源市場では人気なのか、その種類も豊富ですね!

 

■Vienna Appassionata Strings

老舗Viennaの大編成音源。

ややクラシックよりのサウンドですが、ドライな音源とのレイヤー時にも非常になじみがよいのでとっても使いやすい音源です。

メーカー(or代理店)サイトはこちら

 

■EastWest Hollywood Strings

エピックサウンドの先駆け的な存在ですね。

圧倒的な人数感はまさにハリウッド!という感じ。サウンドは非常にすばらしいのですが、大量にメモリを消費する点は要注意です。

メーカー(or代理店)サイトはこちら

 

■Cinematic Studio Strings

こちらはかなりウェットな質感で、クラシカルで厳かな雰囲気にぴったりな音源。

サウンドは非常に上品で、エピックサウンドの中でもしっとり聞かせる穏やかな曲調に向いている音源といえるでしょう。

メーカー(or代理店)サイトはこちら

 

■8dio Adagio

こちらもエピックサウンドでは大定番音源ですね。

贅沢な人数感と、ドライすぎずウェットすぎないほどよい音像感は、今風のハリウッドサウンドを作る上でとても重宝するかと思います。

メーカー(or代理店)サイトはこちら

 

編成が自由に組み替え可能な音源

最近は、求めるサウンドに合わせて、自由に編成を組み替えることのできる音源も増えてきました。

1つ持っておくと、色々と潰しがきくことも多いかと思いますので、合わせてご紹介しておきます。

 

■Vienna Dimension Strings

ストリングスセクションを構成するプレイヤー1名1名の音をすべてバラで収録した、ちょっと変わった音源です。

1名ごとに細かい音色や挙動を調整できるため、複数人で演奏しているリアルさをとことん突き詰めることができますが、その分負荷は大きいです。

メーカー(or代理店)サイトはこちら

 

■Spitfire Studio Strings

こちらは比較的新しい音源ですね。セクションごとにパートを分割してサンプリングされており、組み合わせることで多彩な人数感を表現できます。(1st Violinなら、4人編成が2種類、8人編成が1種類で、合計16人編成まで対応。)

音像はかなりドライで、いかにもスタジオ収録という感じですから、ポップスなどでも使いやすい音源かと思います。

メーカー(or代理店)サイトはこちら

 

■LA Scoring Strings

人数の調整が可能な音源としてはもっとも歴史ある音源なのではないかとおもいます。(Spitfire同様、1stが4人編成2種類、8人編成1種類、合計16人編成まで対応可。)

サウンドの質感は極めてドライかつ、ガサガサしたナマナマしい音色が特徴で、ピッチも少し不安定なまま収録されていることから、いい意味でも悪い意味でも非常に生演奏らしい音源ですね。

メーカー(or代理店)サイトはこちら

※Audiobroさんの製品紹介動画はYoutube内でのみ視聴可能なようですので、ここではリンクだけ貼っておきます。ご視聴はYoutubeへジャンプして行ってください。

 

まとめ

というわけで、おすすめのストリングス音源をジャンル別、目的別におとどけしました!

OTOxNOMAで解説した各種ストリングスモックアップテクニックと組み合わせることで、よりリアルなストリングスサウンドを実現できること間違いなしですので、ぜひご自身の作風や楽曲のスタイルに合わせて最適な音源を選んでいただければ幸いです。

【オススメ】2020年7月のOTO×NOMAはストリングス強化月間!

音楽学習ポータルサイト「OTO×NOMA」では、音楽制作スキルアップに役立つセミナーや動画コンテンツをお届けしています。2020年7月はストリングス特集!ストリングスアレンジやリアルな打込みテクニックなど、プロの技術を余すことなくお届けしていきますので、どうぞお楽しみに。詳細は以下の記事にまとめておきましたので、ぜひチェックしてみてくださいね!

ストリングス特集をチェックする

OTO×NOMAの更新情報をいち早くお届け!さらにパラデータ&楽譜も無料プレゼント!

イナゲの公式LINEアカウントでは、OTO×NOMAの更新情報を最速でお届けしています。新着記事を見逃すことなくチェックできるのでとっても便利!さらに今なら、2019年秋にリリースされた、SETEBOS『THEO』のパラデータを全曲完全無料プレゼント中。プロのアレンジ&サウンドメイキングのテクニックを余すことなく垣間見ることができるので、ぜひこの機会にご活用ください!

【公式LINEご登録はこちら(登録無料)】

LINE@登録バナー

関連記事