1. HOME
  2. ブログ
  3. 楽曲のキーに関わる「移調」と「転調」の基礎知識を理解しよう!

楽曲のキーに関わる「移調」と「転調」の基礎知識を理解しよう!

こんにちは、OTOxNOMA認定講師の鎧都万雄大(@Yudai_Yoroi) です。

今回は、移調と転調について解説していきます。

  • 移調とは?
  • 転調とは?
  • 移調が行われるケース

よくわからないうちは、曖昧な区別をしてしまいがちな移調と転調。

その2つがどのように違うのか?どんなことに使われるのか解説していきます。

キー(調)について理解しているとよりわかりやすくなります、まだ不安な方はこちらの記事もご覧ください!

 

 

楽典:移調と転調

移調とは?

移調とは、楽曲全体を別のキーに変えることです。

DAWを扱う方にとってはトランスポーズという名前の方がお馴染みかと思います。

移調は、楽曲全体が別のキーに丸っと移動するため、以下の内容は変わりません。

  • 各音の音程関係が変わらない
  • リズムが変わらない

■ 各音の音程関係が変わらない

移調前

移調後

楽曲全体が同じ音程分移動するため、それぞれの音程関係が移調の前後で変わることはありません。

移調時に音高が変わっていても、移調前に完全4度の関係だったなら移調後も完全4度のままです。

そのため、メジャーキーの楽曲がマイナーキーに変わるような場合は移調ではありません。

■ リズムが変わらない

移調前

移調後

音程関係と同様、リズムについても移調の前後で変わることはありません。

移調で変化するのは音高のみで、音価に影響がないということですね。

転調とは?

転調とは、楽曲中のキーを一時的に変更することです。

転調は、作編曲としての側面が強く、例えば以下のようにいろんなパターンが考えられます。

  • 楽曲の途中で別のキーへ移り、その後また元のキーに戻る
  • 楽曲の最後に転調し、盛り上がりを演出する
  • 絶えずキーを移り変えていく

などなど、楽曲の途中でキーが変わってしまえば、それは転調と呼んで差し支えないでしょう。

それぞれ、転調するパターンのコード進行を用意しましたので聴いてみてください。

■ 楽曲の途中で別のキーへ移り、その後元のキーに戻る

■ 楽曲の最後に転調し、盛り上がりを演出する

■ 絶えず転調していく

ここに使われているコード進行については、コード理論の理解が深まれば自然と使えるようになります。

気になった方は、コード理論カリキュラムの学習をオススメします!

移調が行われるケース

移調が行われるケースは、主に2つあります。

  • 演奏する楽器や人に合わせて、キーを調整する
  • 移調楽器のために、移調して記譜する

■ 演奏する楽器や人に合わせて、キーを調整する

例えば、ボーカリストの得意な音域に合わせて、楽曲全体のキーを上げたり下げたりといった場合です。

他にも、民族楽器など音域の狭い楽器などに合わせて、キチンと鳴らせる範囲内に収まるよう移調が行われます。

いずれにしても、そのキーで生じた問題を解決するために、他のキーへ移調することが主な目的です。

■ 移調楽器のために、移調して記譜する

クラリネットホルントランペットなど、楽器の中には譜面にある音(=記譜音)と実際になる音(=実音)が違う楽器があります。

DAWで作っている間は問題なくとも、移調楽器をレコーディングする際など、その楽器に合わせて移調して楽譜を作る必要があります。

移調して記譜しておかないと、楽曲と移調楽器でキーがズレた状態で演奏されしまい、最悪演奏できない!なんてことになりかねません。

それを避けるためにも、移調楽器はお約束として移調した状態で記譜します。

移調楽器の詳細については、ホーンセクションカリキュラムの記事で解説していますので、気になった方はぜひご覧ください。

まとめ

ということで、移調と転調について解説しました。

どちらもキーが変わるということについては共通点ですね。

目的と合わせて覚えると間違うことはなくなるので、しっかり覚えていきましょうね!

【オススメ】アレンジ、打込み、Mixが学び放題!豊富なカリキュラムでいつでもどこでも充実の音楽学習!

ワンランク上のサウンドをあなたのものに!音楽学習ポータルサイト「OTO×NOMA」では、音楽制作スキルアップに役立つカリキュラムがいつでもどこでも学び放題。音楽理論、アレンジテクニック、打込み&シンセサイザープログラミング、ミキシングテクニックまで、現役プロ作曲家が作り上げた豊富なカリキュラムで充実の音楽学習をお楽しみください。今なら1ヶ月無料キャンペーン実施中!

OTOxNOMAの詳細はこちら

 

【無料プレゼント】プロ作曲家のマルチトラックデータ&スコアをプレゼント中!

作曲家・稲毛謙介公式LINEアカウントでは、2019年秋にリリースされた、SETEBOS『THEO』のマルチトラックデータを全曲無料プレゼント中。なんと、ストリングス&クワイアを生録音した贅沢仕様!プロのアレンジ&サウンドメイキングのテクニックを余すことなく垣間見ることができるチャンス。ぜひこの機会にご活用ください!

 

【公式LINEご登録はこちら(登録無料)】

  LINE@登録バナー

関連記事