1. HOME
  2. ブログ
  3. ジャンル別ビートメイク⑩:モダン・ジャズのビートを理解しよう!

ジャンル別ビートメイク⑩:モダン・ジャズのビートを理解しよう!

こんにちは、作曲家・稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

今日は、1940年代以降に確立された「モダン・ジャズ」について解説していきます。

  • モダン・ジャズ特徴
  • モダン・ジャズのリズムパターン
  • モダン・ジャズの音選び
  • モダン・ジャズ打込みのポイント

「モダン・ジャズ」は、前回ご紹介した「スウィング・ジャズ」の後に誕生した「ビバップ」が起源といわれる音楽ジャンル。

小編成のジャズアンサンブルで使用され、シンプルな4ビートはそのままに、アドリブ要素の強いスタイルへと変貌しています。

昨今のジャズにおいて最も良く使われるスタイルですので、しっかり学習していきましょう!

モダン・ジャズの例:Charlie Parker『Ornithology』

※この記事は有料会員限定記事です。ここから先は、有料メンバーシップ会員、またはオンラインサロンメンバーのみ閲覧可能となります。

This content is for members only.
このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事