1. HOME
  2. ブログ
  3. 【音楽理論】ベタなコード進行とはおさらば!実践的リハーモナイゼーションテクニック!【DTM】

【音楽理論】ベタなコード進行とはおさらば!実践的リハーモナイゼーションテクニック!【DTM】

こんにちは、作曲家・稲毛謙介(@Ken_Inage)です。

今日は中級編までの総括として、実践的な「リハーモナイゼーション」のテクニックをお伝えしてきます。

リハーモナイゼーション(Reharmonization)とは、元のコードを置き換えたり、新たなコードを付け加えたりしながら、コード進行を再構築していくアレンジ手法のこと。

通称「リハモ」といったりもしますね!

これまでに学んだテクニックを使うことで、実にさまざまなリハーモナイゼーションを施すことができます。

今日は、パッヘルベルのカノンで有名な「I→V→VIm→IIIm→IV→I→IV→V」というコード進行を使って、実践的なリハーモナイゼーションの事例をご紹介していこうとおもいます。

元となるコード進行はこちら

※この記事は有料会員限定記事です。ここから先は、有料メンバーシップ会員、またはオンラインサロンメンバーのみ閲覧可能となります。

会員ログイン

有料メンバーシップへのご登録はこちら

This content is for members only.
このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事